FC2ブログ

黒透明: 80% 50% 30%
白透明: 80% 50% 30%
□(透過)

閉じる

文字サイズを選択してください。

 

 

閉じる

Entries

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[編集]

[スポンサー広告]

関連記事

[スポンサー広告]

コメント

こんばんは
いいラストだ! 風呂はイイよね
きっと二人でドリフを歌った事だろう!
  • k-hirata
  • 2015-02-07 20:23
  • URL
a
b

K-hirataさん、今回も見て頂きありがとうございます(^^)

次回でパート1の最終回になりますが、また頑張って書きますのでよろしくですー!
  • 2015-02-07 21:07
  • URL
a
b

こんにちは
懐かしいですね~
当時毎週観てました。
この繋がりのパパはニュースキャクターも面白かった思い出があります。
  • kei
  • 2015-02-09 12:25
  • URL
a
b

Keiさん、こんばんは!コメントありがとうございます(^^)

Keiさんも同世代ですね!
僕もパパはニュースキャスターも好きでしたよ🎵登場人物も、田村正和、所ジョージをはじめ、他にもうちの子にかぎって…の子役も何人か出演されてましたね!これもCSで放送されていたのを録画したのがありますので、また機会があれば紹介していけたらと思います(≧∇≦)
  • 2015-02-10 22:56
  • URL
a
b

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nantokosyuukenshin.blog.fc2.com/tb.php/146-282d5f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うちの子にかぎって… 【第6話】

2015/02/07 14:08

(ネタバレ注意!)












給食が不味くて食べようとしない小林。

「PTA会長の息子でしょ~パパに叱られちゃうわよ~」と女子にからかわれる。





竹田「あれ?石野(アマゾネス)も残してやんの」

アマゾネス「パンって案外カロリー高いのよね」

竹田「ダイエットって顔かよ」



みんなに笑われ、アマゾネスキレるw





アマゾネス「舐めたらあかんぜよ!」





翌日、、



石橋先生「今日からこのクラスに新しい友達が来た。言うまでもないが、仲良くしてくれよ!じゃ、入ってくれ」





転校生に釘付けな女子達。





転校生の上原 秀人。
成績優秀、運動神経抜群、そのうえイケメン。
自己紹介では、嫌いな科目は無く、英語が得意だと、途中、英語で自己紹介を始める。
今回の主役です。




気に入らねえな感丸出しで上原を見る竹田。
今回の準主役です。





理科の時間、秀才の深見ですら答えられない石橋先生の問いに、難なく答える上原。




アマゾネス「キザなヤツ、、、」






体育の時間、50m走で上原と当たる竹田。
上原に女子達の声援が飛ぶ。(アマゾネスは除く)





竹田負ける(>_<)




クラス最高タイムを叩き出す上原。
この笑顔腹立つわー。





帰り道、上原に群がる女子達。歓迎会を提案するが、「用があるので今度必ず」と言って帰る上原。




見送る女子達。
「学園生活がバラ色になりそう」




女子の一人が別の方向を見て、
「あ、灰色」




そこにやってきた竹田達。
「プール行くんだけどさ、一緒にどう?」

女子達「冗談!あんたたちと遊んでるヒマは無いの!」「まったく何考えてんのかしら。」「一緒のプールに入るのなんかゴメンだわ」「バーカ」と去っていく。







帰ってきた上原は自分の部屋で鏡を見つめながら、、
「色々とまだわからない事もあるのでよろしく」
「それじゃ、今度必ず」
「それじゃ、今度は必ず」
「それじゃ、今度は必ず!」


、、、何だこいつは、、、





ある日、教室から女子(荒井)の筆箱が無くなった。



竹田と仲のいい松山を疑うアマゾネス。
「あんたが取ったんでしょ!」

松山「何で俺なんだよ!?」

アマゾネス「正直に今返したら許してやる」

松山「知らないってば!」




竹田「弱い者いじめすんなよ!」




アマゾネス「泥棒をかばったりしたら共犯なんだぞ!わかってんのかよ!」




竹田を突き飛ばすアマゾネス。




そこへ割って入る上原。その上原が持つ筆箱こそ無くなった荒井のものだ。

上原「これ、荒井さんの筆箱じゃないの?理科室にあったよ」

荒井「ありがとう!」




上原「人を証拠も無しに泥棒呼ばわりするのはよくないと思うな」



何も言わずに去ろうとするアマゾネスの腕を掴む上原。

アマゾネス「何すんのよ離してよ!離せよギザ男!」



アマゾネスにビンタ!




上原「ごめん、、」

教室から出ていくアマゾネス。








荒井が自分の筆箱を開けてみると、、鉛筆の芯が全て折れていた、、、










上原は、放課後の勉強会を提案したり、公園のゴミ拾いボランティアの参加をクラスメイトに呼びかけ、テレビ局の取材もあり、チャリティーバザーは大盛況を遂げ、スーパーヒーローとなった上原。いつのまにかアマゾネスや、竹田と仲良かった松山達も、上原側へ、、、





しかし、竹田だけはそんな上原にどこか胡散臭いものを感じていた。




「どうしてTBSが取材に来たんだ、、タイミングが良すぎるな、、」





そしてまた教室から筆箱が無くなった。







上原は自分の部屋で、盗んだ筆箱の鉛筆を削っては折る、、、ちょっと病んでるなこいつ、、、




体育の時間、誰もいない教室に、、、











竹田「俺見たんだ!体操着の下に吉岡さんの筆箱を隠したんだよ!上原が!」



アマゾネス「竹田!嘘ばかりつくなよな」

竹田「本当だよ!じゃ上原、体育の時途中で抜けてどこ行ってたんだよ!」

上原「トイレだよ」

竹田「それみろ、その時教室に入って、、」

上原「トイレに行ったぐらいで疑われるんですか!?」



「証拠もないのに疑うなんて酷いわ!」「そうだそうだ!」
みんなして竹田を責める。



竹田「見たって言ってんだろ!」


誰一人として竹田を信用しようとしない。








怒った竹田は放課後、「上原~!!」





上原を殴る。





泣いて去っていく上原。





「ヤバイよあんた、殴ったりして、、」





次の日、元気良く
竹田が「おはよう!」と教室に入るが、誰も見向きもしない。



竹田「沈黙刑!?、、嘘だろ、、、」



愕然とする竹田。






会議室で、



石橋先生「沈黙刑か、、そりゃひどいな、1週間辛いな、、よし、じゃあ先生がみんなに頼んでやろうか」




そこへ無くなった筆箱を持って来た吉岡が「私の筆箱出てきたんです。」

石橋先生「どこにあった」

吉岡「それが、机の中に、、」

吉岡は目撃者である千秋も連れてきていて、「あのね、千秋ちゃん見たんですって。上原君が筆箱を私の机に返す所を、、」



石橋先生に筆箱の中の折れた鉛筆を見せる吉岡。

「ちょっと、気持ち悪いんです」

石橋「、、、じゃ、約束をしてくれないか、先生が上原と話してくる。だからみんなには内緒にしといてくれ、な」

吉岡「わかりました、私達絶対にしゃべりません、ね、千秋ちゃん」


「失礼します」と会議室を出たとたん、、



みんなに言いふらす吉岡w








次の日、「おはよう!」と元気良く教室に入る上原だが、、







上原「これどういう事!?どういう事なんだよこれ!」



誰も答えようとしない。






孤独な上原。





上原を見る竹田。ざまあみろ、という感じでは無さそうだ。






上原家に訪問する石橋先生。

「じゃましていいかな?」


無言で居間へ案内する上原。




石橋先生「アザになってるな、痛くないか?」

上原「痛いですよ、酷いと思いませんか?いきなり殴ったりして。それに沈黙刑だなんて、人を無視して、、」

石橋先生「お前、みんなの気持ちわからないか」

上原「わかりませんね。酷い仕打ちを受けてるのは僕のほうなんですよ」



石橋先生「まあお前ならじゅうぶん知ってると思けどもさ、ボランティアとかチャリティーはさ、大切なのは金の額じゃないよな。人の痛みをさ、どれだけ自分のものとして感じれるかだよな」



上原「そうでしょうか、、困った人達にとっては心のこもった10円よりも、心なんかこもってなくても、100円のほうがありがたいんじゃないでしょうか」

石橋先生「上原お前な、、」




上原「だから!!募金をたくさん集めてやろう、とチャリティーをやったんです。やりたくもない公園掃除もやって、テレビ局を呼んだんです!いい宣伝になったでしょう?お金集まったでしょう?」



上原「、、いや、、チャリティーなんてどうでもよかった、、、目立ちたかった、、ヒーローになりたかっただけですよ僕は、、、」


石橋先生「そんな事しなくても、友達出来たと思うぞお前なら」



上原「人の気持ち、わかったようなフリしないで下さい!給料安いんでしょ!?家までノコノコやって来ないで下さい!」



そう言って自分の部屋へ行く上原は、盗んだ筆箱を叩きつける、、、




石橋先生「スッキリしたか、、筆箱の事、みんなに謝ってみろよ。みんなそれ待ってると思うぞ、な、上原」





次の日、



石橋先生「転校ですか、、」



上原父「筆箱泥棒に間違えられたり、沈黙刑ですか、まぁ色々と問題はありましたが、それが原因で秀人を転校させる訳ではありませんので。あくまで私の仕事上の都合で、、という事でして、短い間でしたが大変お世話になりました」




上原「ありがとうございました」

上原父「では、、」




石橋先生「上原、、どうだ、みんなに挨拶していかないか?」





首を横に振り、
「よろしく伝えておいてください」






父と学校を後にする上原。




全力で走ってくる竹田。




竹田に気付いた上原、、逃げる。






ひたすら追いかける竹田は上原を捕まえた。



竹田「何で逃げんだよ!」

上原「追いかけてくるからだよ!何で追いかけたんだよ!」

竹田「逃げるからだよ!お前が悪いんだからな!」

上原「お前が悪い!」


















友情が生まれた(^^)





[編集]

[スポンサー広告]

関連記事

[スポンサー広告]

コメント

こんばんは
いいラストだ! 風呂はイイよね
きっと二人でドリフを歌った事だろう!
  • k-hirata
  • 2015-02-07 20:23
  • URL
a
b

K-hirataさん、今回も見て頂きありがとうございます(^^)

次回でパート1の最終回になりますが、また頑張って書きますのでよろしくですー!
  • 2015-02-07 21:07
  • URL
a
b

こんにちは
懐かしいですね~
当時毎週観てました。
この繋がりのパパはニュースキャクターも面白かった思い出があります。
  • kei
  • 2015-02-09 12:25
  • URL
a
b

Keiさん、こんばんは!コメントありがとうございます(^^)

Keiさんも同世代ですね!
僕もパパはニュースキャスターも好きでしたよ🎵登場人物も、田村正和、所ジョージをはじめ、他にもうちの子にかぎって…の子役も何人か出演されてましたね!これもCSで放送されていたのを録画したのがありますので、また機会があれば紹介していけたらと思います(≧∇≦)
  • 2015-02-10 22:56
  • URL
a
b

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nantokosyuukenshin.blog.fc2.com/tb.php/146-282d5f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


カスタムCSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。